Loading

アーク光線治療器 ARK PHOTO THERAPY

光療法とアーク光線治療法

現在、最先端の医学で注目されている療法の一つに「光療法」があります。
近年、光が人体に深く関与していることが次々と明らかにされ、数多くの治療に応用されています。
光を作る光源としては、電球、蛍光灯を始めレーザー、LED、キセノンといった数々の光源が使用され、各々の特徴と光の波長を用いて、医療現場のさまざまな治療に活躍しています。
※現在、病院で行うものは、単独の治療目的に、単独の光を使用するものが殆どです。
※カーボンアーク光線は、複合的な治療目的に、複合の光を使用します。

数々の「光療法」の中で、最も歴史と実績のあるものが、カーボンアーク光線治療器です。
これは、デンマークのニールズフィンゼン博士が研究開発し、 同氏が1903年ノーベル生理医学賞を受賞致しました。これをきっかけにカーボンアーク光線療法は世界中に広がりました。

アーク光線療法は、この原理を用いた、最新のコンピューターで制御する厚生労働省認可の光線治療器を使用した複合光線治療法です。

img_ark-photo-therapy

商品の概要

ノーベル賞受賞から100 年以上の確かな実績・・(カーボンアーク光線治療器)

カーボンアーク光線治療は、デンマークのニールズフィンゼン博士が考案し、1903年にノーベル生理医学賞を受賞しました。その後、大手企業の技術開発協力とともに機器が改良されて、一般社団法人 日本光線療法協会に受け継げられております。長年の歴史と実績に裏付けられた確実な健康美容法です。

アークフォトセラピーとは・・(アーク光線療法)「光の医学」

アークフォトセラピーの原点は、すべての生命の営みに深く関わる太陽光線です。
今日では、生命エネルギーの元となる太陽光線の恩恵を忘れ「日陰の植物のごとく」健康を蝕んでいる方が多くおります。生命誕生の根源を純粋に考え、医学的、科学的根拠に基づき、光線の重要性を深く認識し太陽光線に最も類似したカーボンアーク灯を用いて、意図的に安全な光線を照射し生命自身が本来用いている自然治癒力を最大限に高める療法が私たちの行う光線療法です。「世界実績 No.1」
※厚生労働省認可 医療機器 コンピューター制御光線治療器

 アーク光線治療器の原理

アーク光線治療器の原理は、特殊な医療用高純度カーボン(高純度炭素)に電極を設けて、アーク放電させます。この時のカーボンの燃焼温度は、約3000度の超高温で燃焼します。(太陽の表面温度は約6000度)
3000度の超高温で燃焼する直径1cmの人工太陽を作り出してコンピュターで自動制御し、更に光の波長をコントロールする大変に高度な技術を用いた、世界唯一のカーボンアーク光線治療器です。(純国産)

※アーク光線治療器は、世界屈指の大手技術企業により研究開発されました。(数々の特許取得)
※光の照度は、太陽光と同等の1万ルクスになります。(蛍光灯の10倍以上)
※この10万種類の光の作用が、複合的に働き、病を癒し身体の各機能を正常に導きます。

image07アーク光線治療器は、人工太陽を作りますので、太陽光とほぼ同一の光の波長を放出します。波長領域は、320nm~10000nmまでの波長を、1nm単位、0.1nm単位、0.01nm単位のように、区切りなく連続的に、10万種類以上の光の波長を同時に放出します。これを【連続フルスペクトル光】と呼びます。

太陽光と同一の連続スペクトルは、太陽と同じ原理で物質を超高温で燃焼させるカーボンアーク方式でなければ作ることができない光です。

この10万種類の光が、各々の特徴を生かすと同時に欠点を互いにかばい合うことで、【光の共同作業】が行われます。

hachiyou-01

高純度医療用カーボン(IBIジョイントカーボン)

アーク光線治療器は、 この光の集合体の波長領域を4種類の医療用高純度カーボンの組合せと、コンピューター制御によって、コントロールし疾患別、症状別に適した波長で治療が行えます。

純度99%以上の高純度炭素に数十種類の様々な発光元素を独自のノウハウで混合させて、治療に適した質の高い光を作りだす、世界最上級の医療用カーボンです。(純国産 一部上場企業で開発製造)

※安価で不純物の多い粗悪なカーボンは、治療効果が得られないだけでなく、不完全燃焼により有害大気物質を放出しますのでご注意ください。
また、燃焼効率が悪いため、消耗のスピードが速く、結果としてコスト高となります。ジョイントも不可です。

医療用高純度カーボンの組合せ(光の処方)
症状、疾患、治療目的に効果的な医療用カーボンを組合わせて照射します。
光エネルギーのブレンドによる目的別の光の処方ができます。

【10パターンの組合せ】
・AA ・AB ・AC ・AD
・BB ・BD ・BC
・CC ・CD
・DD

 

PAGE TOP