アーク光線治療器

ノーベル賞受賞から100年以上の確かな実績(カーボンアーク光線治療器)

カーボンアーク光線治療器は、デンマークのニールズフェンゼン博士が考案し、1903年にノーベル生理医学賞を受賞しました。
その後、大手企業の技術開発協力とともに機器が改良されて、一般社団法人日本光線療法協会に受け継がれております。
長年の歴史と実績に裏付けされた確実な健康美容法です。

アークフォトセラピーとは

アークフォトセラピーの原点は、全ての生命の営みに深く関わる太陽光線です。
今日では、生命エネルギーの元となる太陽光線の恩恵を忘れ「日陰の植物のごとく」健康を蝕んでいる方が多くいます。
生命誕生の根源を純粋に考え、医学的・科学的根拠に基づき、光線の光線の重要性を深く認識し太陽光線に最も類似したカーボンアーク灯を用いて、意図的に安全な光線を照射し、生命自身が本来用いている自然治癒力を最大限に高める療法が光線療法です。

世界実績No,1

厚生労働省認可医療機器 コンピュータ制御光線治療器アーク光線治療器の原理は、特殊な医療用高純度カーボン(高純度炭素)に電極を設けて、アーク放電させます。
この時のカーボンの燃焼温度は約3000℃の超高温で燃焼します。(太陽の表面温度は約6000℃)
3000℃の超高温で燃焼する直径1cmの人口太陽を作り出してコンピューターで自動制御し、更に光の波長をコントロールする大変に高度な技術を用いた、世界唯一のカーボンアーク光線治療器です。(純国産)

アーク光線治療器は、320nm~10000nmまでの波長を、1nm単位、0.1nm単位、0.01nm単位のように、区切り無く連続的に10万種類以上の光の波長を同時に放出します。また、照射部全面の光度は太陽光と同等の10000ルクスの明るさになります。

アーク光線のキーワード(光の医学)

1.紫外線は免疫力を高める
2.カルシウムを作るには紫外線が必要
3.血液が赤い理由は太陽光線に関係あり
4.光線は気分を爽快にする[セロトニン]がストレスを消す
5.光線は身体全体の健康状態を促進し美容にも役立つ
6.太陽光線欠乏症が現代病の原因となる(免疫、内分泌系、自律神経、カルシウム、生体恒常性などの低下)

【あんな病気やこんなケガまで・・驚きの】アーク光線治療器体験者の声

 

 

PAGE TOP